Maru-Jan ポイント購入 ゲーム開始
トップゲーム紹介ダウンロード会員ページランキング何切る?如何打寺ヘルプ

須田良規プロ 特別書き下ろしコラム「雀立つ門(すずめたつもん)」
第十五之門 「意志のある後退」(2011/07/08)
「会社を辞めようと思ってね──
 若い頃雀荘で同僚だった男が、以前そんなことを話していた。
 類は友を、とはいうが──、やはりこの業界にいると、見知った人間も自然雀荘従業員ばかりになってしまう。そうした中、雀荘を巣立って真っ当な道へ進む友人のことを祝福したい気持ちは無論あるのだが、自分だけが取り残されたような、置いていかれたような物寂しい感覚はやはりいつも拭えない。
 私自身好きで選んだ道とはいえ、雀荘というある種特異な空間に落ち着いてしまった現状に、人並みの後悔がないわけではないのである。
 だから最初はその彼の言葉をそのままに受け取って、なんだやっぱりまともに勤めるのは無理だったのか、仕方ないなあ、と小馬鹿にして──、内心では自分と同じ境遇に戻ってくることを予想して嬉しく思っていた。
 ところがよくよく彼に話を聞いてみると、私の身勝手な期待はあっさりと裏切られた。
「今システムエンジニアをやってるんだけど、会社を辞めてもっと必要な資格の勉強をしたいんだ。今のままじゃ雑務に追われてスキルアップを望めない。仕事の幅を増やせないからね──
 彼は現状の安寧の場に満足せず、先の展望を開くことを目的として一歩後退しようと決意したのである。
 先日マルジャン放送局に出演したときの手牌に、こんなのがあった。
牌譜ファイルはこちら
 オーラスを迎えてトップの親と13900点差。ハネツモが必要な状況で2巡目にこの形。
二萬二萬三萬四萬五萬六萬八萬三筒五筒三索四索五索七索 ドラ
七筒

 345の三色のイーシャンテン。ほとんど形が決まっており、ここからはほぼ一直線に摸打を繰り返すだけだと思っていた。ただ、下家が第1打に七萬を切っており、このままカン七萬、カン四筒と心中するのは正直心許なかった。
 するとここにツモ二索で打七索
二萬二萬三萬四萬五萬六萬八萬三筒五筒二索三索四索五索

 そしてツモ二筒で分岐点となる。
二萬二萬三萬四萬五萬六萬八萬三筒五筒二索三索四索五索 ツモ
二筒

 どうせ現状四筒が必要ならば、カン七萬にこだわらないで済む234に移行してみようか。打五筒
二萬二萬三萬四萬五萬六萬八萬二筒三筒二索三索四索五索

 そして6巡目、ツモ一索
二萬二萬三萬四萬五萬六萬八萬二筒三筒一索二索三索四索五索

 もちろん八萬切りのイーシャンテンキープが自然だが──、ここは123か234の三色を両方狙えるように、二萬を切った。
二萬三萬四萬五萬六萬八萬二筒三筒一索二索三索四索五索

 リャンシャンテン戻し。二萬以外に雀頭を求めたいのでこう打った。昨今の麻雀では、シャンテン数を戻すことはあまり好まれない傾向があると思うが、ここは先の展望を開くための後退である。八萬だって立派な雀頭候補だろう。
そしてツモ一筒で打八萬
二萬三萬四萬五萬六萬一筒二筒三筒一索二索三索四索五索

ツモ四索で打五索リーチ。我が意を得たり、か。
二萬三萬四萬五萬六萬一筒二筒三筒一索二索三索四索四索

 結局その彼は1年の勉強で資格を取り、すぐ新しい職場に移った。会社を辞めて一旦は後退するかのように見えて、実は力強い意志のこもった前進をしていたのである。
二萬三萬四萬五萬六萬一筒二筒三筒一索二索三索四索四索 ツモ
一萬 
ドラ
七筒 
裏ドラ
六萬

 私の意志に応えるかのように、ハネツモに必要な裏ドラもいてくれた。
 彼とこの手牌が教えてくれたように──、そこに目標があるのならば、立ち止まったり振り返ったりすることも、決して無駄ではないだろう。
 前途を見据えたリャンシャンテン戻しを見事に体現した彼の門出を、今度こそ心から応援したいと思う。
「意志のある後退」が実践された模様はこちら
牌譜ファイルはこちら
牌譜(動画)を再生するには「Maru-Jan」が必要です。インストール(無料)はこちら