Maru-Jan ポイント購入 ゲーム開始
トップゲーム紹介ダウンロード会員ページランキング何切る?如何打寺ヘルプ
TOP > コンテンツの一覧 > 神様の麻雀『何切る?』/麻雀の神様の『何切る?』
神様の麻雀『何切る?』第十三問
東4局 1本場 東家 8巡目 持ち点23200点 トップ目29500点 ドラ[五筒]
わしは麻雀の神様じゃ。食欲の秋は満喫しておるかの?今回は中盤の難しい一打について考えてみるぞい。この一打がプロリーグ昇級の決め手になるかもしれんのう。では、わしの解説を参考に振り返ってみてくれい。
神様の解説
わしは七筒切りを推すぞい。
今回は中盤の難しい1シャンテンから、
あがりの形をイメージして手を進める事がテーマじゃぞ。
今回の牌姿は678、789の三色が見え、高打点への期待がもてるのじゃが、
わしは赤ドラを活かしたリーチに最善を尽くす事をおすすめするぞい。
六萬九萬六索九索を切って、三色を追う手も良いのじゃが、
萬子の赤五萬五萬五萬六萬七萬八萬九萬の形を活かして
あがりやすいリーチを打つことが重要なのじゃ。
そのためには、赤五索五索六索七索八索九索も非常に柔軟に使える形じゃし、
孤立していて六筒八筒ツモしか嬉しいテンパイのない七筒を切るのが神様流じゃ。
もし、持ち点が1万点くらいしか無く、
どうしても高い手をあがりたい時じゃったら、
九萬九索を切って678の三色とタンヤオを見るのがおすすめじゃ。
自分の持ち点に応じた打牌選択で勝利を掴み取るのじゃ!

丸雀プロリーグ

プロも多数参加する、Maru-Jan最高の舞台を体感せよ!
詳しくはこちら