Maru-Jan ポイント購入 ゲーム開始
トップゲーム紹介ダウンロード会員ページランキング何切る?如何打寺ヘルプ
TOP > コンテンツの一覧 > 神様の麻雀『何切る?』/麻雀の神様の『何切る?』
神様の麻雀『何切る?』

第四十一問

3局 1本場 南家 4巡目
持ち点22600点 トップ目35600

ドラ
一筒
わしは麻雀の神様じゃ。
暑かった夏も終わりを告げ、
紅葉の季節が近づいてきとるのう。
今回は、赤く色づく「5」を活かす、
連続系の使い方について解説していくぞい。
では、わしの解説を参考に
振り返ってみてくれい。
神様の解説

わしは六筒切りを推すぞい。

オーラスに向けて点差を縮めたいところに、絶好の満貫チャンス到来じゃ。

この問題は南をポンした時に、(1)あがりやすくする、(2)満貫の可能性を高くする、の2点を意識して手を進めるのがポイントじゃぞ。

赤五萬を使い切りたいからマンズは切りにくく、ソーズは赤五索を含む雀頭候補じゃし、南を切ってしまっては満貫チャンスが台無しじゃ。

そこで、ピンズを切るのじゃが、「いらないから切る」ではなく、「良形変化を見据えてほぐす」考え方が重要じゃ。

考えられる打牌について解説していくぞい。

六筒切り

(残った手牌)

二萬三萬三萬赤五萬七萬三筒四筒五筒六筒五索赤五索南南

この牌姿はイーシャンテンの形に応じて色々な変化に対応できるのが良いのう。

一萬四萬六萬ツモ→六筒切りでテンパイへの受け入れ枚数を最大にするのじゃ。

三萬ツモ→二萬切りでピンズが横に伸びるのを期待しつつ、南ポンの満貫テンパイも取れるぞい。ピンズが横に伸びたら七萬切りであがりやすさ重視にするのが良さそうじゃな。

二萬ツモ→七対子は狙わず、イーペーコーよりも赤五萬の価値が高い局じゃからツモ切りをおすすめするぞい。

二筒四筒五筒七筒ツモ→あがりやすさ重視で七萬切りを推すぞい。上家の捨牌にマンズが多い場合は、三萬切りで四萬六萬のチーを狙うのも良い選択じゃな。

一筒八筒ツモ→イーシャンテンやテンパイ時にドラ側やドラ色の愚形ターツが残らないようにするため、ツモ切りをおすすめするぞい。

三索四索六索七索ツモ→六筒切りで、マンズとソーズのどちらに雀頭を作るか後から選ぶのじゃ。345の三色同順にも期待したいのう。

三筒切り

(残った手牌)

二萬三萬三萬赤五萬七萬四筒五筒六筒六筒赤五索五索南南

六筒切りと大きな違いはないのじゃが、ピンズの受け入れ枚数が少なくなってしまうのが課題じゃな。

五筒ツモで七対子やイーペーコーが見えるのじゃが、ダブ南に期待している牌姿じゃから、イーペーコーや七対子のように鳴いて消えてしまう役の価値は低いのう。

七対子を狙うとしても、中張牌だらけじゃと待ち選びにも時間がかかりそうじゃから、ここはメンツ手を目指したいところじゃな。

二萬三萬切り

(残った手牌)

三萬三萬赤五萬七萬三筒四筒五筒六筒六筒赤五索五索南南

二萬三萬赤五萬七萬三筒四筒五筒六筒六筒赤五索五索南南

どちらも赤五萬を使い切る柔軟な牌姿に見えるのじゃが、四萬六萬ツモで完成するはずだった手広いイーシャンテンがくずれてしまうのはもったいないのう。

ピンズの変化には期待できるのじゃが、現時点ではマンズを2メンツにする手順をおすすめするぞい。

麻雀の中でも特に難しい、2シャンテンの問題はいかがじゃったか?

もちろんわしの選択も裏目に出ることはあるのじゃが、あがり率を高める一つの方法として覚えてもらえると嬉しいぞい。

この教訓を活かしてゲームを開始する!!
マルジャンサバイバル

倒れるまで得点を稼ぎまくれ!
詳しくはこちら