イチから学んでステップアップ!東大式おもしろ麻雀塾

井出 洋介(いで ようすけ)
麻将連合所属
第15期将王、第2・4・12回BIG1カップ優勝/他多数
著書「これが東大式!はじめてでもよくわかる麻雀入門」「麻雀技術 守備の教科書 振り込まない打ち方」共著:小林剛「新版 東大式 麻雀に勝つ考え方」/他多数

第十四回「リャンカンの形」<初級者向け>
2022/05/18


麻雀用語は、結構やっかいなものです。そもそも中国で生まれたゲームなので、中国語がベースになっているものが多いのですが、日本語や英語が混じった合成語もかなり多いからでしょう。

それでも、このコラムのように麻雀の手牌について色々と説明するときには、麻雀用語をうまく利用できたほうがわかりやすいと思います。

たとえばリャンカンという言葉もそのひとつ。

一萬三萬五萬とあれば、カン二萬とカン四萬が複合した形で、二萬四萬のどちらかがくれば1メンツが完成します。

麻雀用語が由来の言葉

リャンメンのようなカンチャンということでリャンメンカンチャンが短縮されてリャンカンになったのでしょう。

おそらく、日本で作られた造語だと思います。そして、今回はこのリャンカンがテーマです。

数牌で、135、246、357、468、579という並びがあればリャンカンで、2種8枚の受入れを持つ形になります。

A図をご覧ください。



A図三萬七萬八萬八萬一筒三筒五筒一索一索四索六索八索中西ツモ三萬ドラ

この中のリャンカンを探してみましょう。

一筒三筒五筒そして四索六索八索と2組ありますね。リャンカンを1メンツ候補と考えて、ひとまずピンズで1メンツ、ソーズで一索がアタマ候補、リャンカンで1メンツをあてにすることができるでしょう。

マンズは七萬八萬八萬という好形があり、これも1メンツが見込めるので、あと1メンツで4メンツとアタマのアガリ形が想定できるようになります。

このように3枚で1メンツを見込むことができるリャンカンですが、リャンメンなら2枚で2種8枚の受入れがあるのですから、リャンメンには劣ります。しかし、単なるカンチャンは1種4枚の受入れしかありませんから、それに比べればリャンカンのほうが優秀な形と言えるでしょう。

このリャンカンをうまく利用すると、シュンツ作りの役に立ちます。



B図四萬六萬八萬九萬一筒一筒三筒四筒五筒七筒二索二索四索三筒ツモ九索ドラ

マンズをカン五萬とペン七萬と見れば、確かに2メンツの可能性もあるのですが、それだとかなり苦しい形です。

しかし、九萬を切り四萬六萬八萬のリャンカンと考えれば、あとはピンズとソーズでアタマと3メンツを作るという構想で、バランスの良い受入れ態勢となります。



C図一萬五萬八萬八萬二筒三筒六筒九筒六索七索八索中中四索ツモ八索ドラ

孤立している一萬をあっさりと切ってしまう人が結構いそうですね。よく見ると九筒も孤立しています。この一萬九筒を比べてみましょう。

もし他の数牌がなければ一萬九筒も単なる孤立牌ですが、マンズには五萬が、ピンズには六筒があります。

六筒九筒はシュンツとして利用できる牌が七筒八筒もかぶっており、九筒がなくても問題ありません。

しかし、一萬五萬の間隔は違います。一萬二萬を引くとペンチャンができ、三萬を引くと一萬三萬五萬のリャンカンになります。

一萬五萬六筒九筒での違いがわかれば、シュンツ作りが上手になることでしょう。シュンツ作りが上手になることは、同時にピンフ作りの上達につながります。

それでは最後に、D図をご覧ください。



D図一萬一萬三萬四萬五筒七筒七筒九筒一索二索三索六索七索五索ツモ一筒ドラ

イーシャンテンになったところです。打牌候補は五筒七筒九筒で、どれを切ってもテンパイチャンスの枚数は同じになります。

五筒切りは一萬二萬五萬七筒八筒の5種16枚。

九筒切りは八筒の代わりに六筒が受入れられて5種16枚。

七筒切りはピンズがリャンカンで六筒八筒が4枚ずつ、二萬五萬と合わせて4種16枚ですが、六筒八筒をツモればピンフになるのです。

五筒九筒を切った場合も、ピンズでシュンツが先にできればピンフになるものの、その受入れ枚数は七筒切りの半分ですから、トータル的に考えるとピンフのテンパイ確率が下がるわけですね。

復習・練習問題


第1問

東1局南家8巡目。何を切る?

二萬三萬四萬五萬七萬一筒一筒七筒八筒八筒六索七索八索九萬ツモ北ドラ
解答

八筒。すでにイーシャンテン。ツモ六萬ならピンフのテンパイだったが、この九萬を残せばマンズがリャンカンとなり、六萬だけでなく八萬の受入れもできる。一筒八筒が暗刻になっても役なしテンパイなので、ピンフの可能性を優先して八筒切りでピンズをリャンメンに決めておく。


第2問

東2局南家4巡目。何を切る?

一萬二萬四萬六萬一筒二筒三筒五筒七筒三索三索五索南南ツモ一筒ドラ
解答

一萬。自風の南を重ねて、これを利用するなら三索がアタマ候補、ピンズで1メンツは完成しているので、マンズでは1メンツ作れればよい。一萬を切ってリャンカンで1メンツと考えよう。


第3問

東3局西家2巡目。何を切る?

一萬四萬七萬八萬五筒九筒一索三索四索五索九索九索東一索ツモ東ドラ
解答

一萬。孤立しているのは一萬四萬五筒九筒東の5枚。東はドラなので、ここで手放すのは早い。孤立している数牌からシュンツができる可能性を考えると、くっつき幅の広い四萬五筒は当然残すとして、あとは一萬九筒の比較。一萬には四萬があるが、五筒九筒の間隔はツモ七筒でリャンカンができるので、ここでは九筒を残して一萬から先に切る。


第4問

東4局北家6巡目。何を切る?

一萬三萬三萬五萬三筒四筒五筒六筒七筒五索五索七索八索九索ツモ一筒ドラ
解答

三萬。これでイーシャンテン。一萬三萬五萬のどれを切ってもテンパイチャンスの受入れ枚数は同じ。ならばピンフ狙いでマンズをリャンカンに構える三萬切り。先にマンズが埋まればピンフになる。


第5問

東4局北家6巡目。何を切る?

六萬七萬一筒三筒四筒五筒六筒八筒九筒三索四索八索八索二索ツモ二索ドラ
解答

九筒。これでイーシャンテン。残りのメンツ選択でイッツー狙いだとマンズのリャンメンを落としてのカンチャン、ペンチャン残りで苦しい。イッツーを諦めれば、マンズ1メンツ、ピンズ2メンツ構想で問題なし。一筒切りでは七筒しか受入れられないが、九筒切りで二筒七筒の受入れ、これも数がちょっと離れたリャンカンのようなパターンだ。