Maru-Jan ポイント購入 ゲーム開始
トップゲーム紹介ダウンロード会員ページランキング何切る?如何打寺ヘルプ
TOP > コンテンツの一覧 > 神様の麻雀『何切る?』/麻雀の神様の『何切る?』
神様の麻雀『何切る?』

第五十二問

3局 0本場 南家 4巡目
持ち点22000点 トップ目31000

ドラ
一索
わしは麻雀の神様じゃ。
春の訪れが待ち遠しい季節じゃが、
皆麻雀の調子はいかがかな?
今回は、ターツ選択に関する問題について
考えてみるぞい。
では、わしの解説を参考に
振り返ってみてくれい。
神様の解説

わしは九萬切りを推すぞい。

今回の問題は、八萬九萬八筒九筒四索六索のどのターツを切っていくかの選択になりそうじゃな。

それぞれの打牌を比較していこうかの。

八筒九筒ターツ切り

六筒七筒八筒八筒九筒を「自分で1枚使いのペン七筒」と捉えると弱く見えるかもしれんが、

この形は四筒九筒引きで雀頭+メンツや2メンツを見込める変化に富んだ形なのじゃ。

1つ離れた四筒引きでも四筒六筒八筒七筒八筒九筒のリャンカン+シュンツになることは忘れがちなので気をつけるのじゃぞ。

今回の牌姿は雀頭であるドラの一索を鳴いての進行も視野に入れたいため、

新たな雀頭候補としても優秀なこの形は大切にしたいぞい。

四索六索ターツ切り

現状は受け入れが五索4枚のカンチャンじゃが、

二索を引けば二索四索六索のリャンカンに、三索を引けばリャンメンに…と

二索八索引きでよりよい形への変化を狙えるため、このターツにも手をかけたくはないのじゃ。

八萬九萬ターツ切り

前2つのターツと比較して、変化が見込みにくいのがこのペンチャンじゃ。

六萬を引いてもペンチャンがカンチャンになるだけで、受け入れが増えるわけではないしのう。

九萬切りと八萬切りの比較じゃが、

裏目となる七萬を引いたとき、フリテンとはいえリャンメンになり、

六萬九萬を鳴いて手牌を進めていく選択肢を残すことができるため、九萬から切ることをおススメするぞい。

ターツの変化をしっかり見極め、来る春に向けて腕を磨くのじゃ!

この教訓を活かしてゲームを開始する!!
丸雀無双杯

丸雀無双杯開催中!
詳しくはこちら